イタリアンコーデってどんなコーディネート?

お洒落だと思っているものの、なかなか自分が着るのは難しいと思われているイタリアンコーデ。
確かに、海外の顔の濃い人が好む傾向にあり
日本人のような薄い顔では似合わせるのが難しいですが
このようなファッションは、勉強すればあなたでも着こなせるのです。

イタリアンコーデの特徴としてまず挙げられるのがジャケットです。
ジャケットは日本の感覚で言えばビジネスや多少かしこまった場面での使用をイメージしてしまうものですが
イタリアンコーデ、もといイタリアの地域では日常的なカジュアルシーンで扱われています。
この違いにはそれぞれの文化だけではなく気候や風土の違いも影響しています。

また、イタリア周辺の国々のスタイルはブリティッシュ、パリスタイルなど伝統や斬新さを売りにしたものが多いですが
イタリアンコーデではある程度伝統を守りつつ、堅すぎない印象やゆるいイメージを重視するのがポイントです。
この部分は品格やダンディさを演出するとしてイタリア本土だけでなく同スタイルが世界中で好まれている理由にもなっています。

こうしたイタリアンコーデの魅力はその衣類の仕立て技術にもあります。
丁寧に仕立てあげた職人の技術と息苦しさを感じさせないその工夫がイタリアンコーデを支えているのです。
そのため今もなお服飾の職人が多くイタリアに残り続けています。

加えてイタリアンコーデではジャケットに合わせたシャツ、ベルト、ボトムスのアイテム選びが必須です。
ベルトならば味わい深さが感じられるものが良いとされています、特に牛革などで作られるブランド物はより、
品格が得られるでしょう。
ボトムスはカジュアルさを重視するためにチノパンなど固くない系統のパンツアイテムを選びます。
ここで通常のスーツのようなボトムスを選んでしまうとブリティッシュ・スタイルのような堅さが出てしまうので
気をつけなければいけません。

サロンコーデってどんなコーディネート?

最近、名前を聞くことの多いサロン系。
名前は聞くことが多いものの、イタリアンや、ヴィンテージなどと比べて
実際にどんなコーデか知らないひとが多いのではないでしょうか。
今回はそんなサロンコーデが果たしてどんなコーデなのか、ご紹介します。

サロン系とはひとことでいうと、オリジナルTシャツなどを使う、美容師の人が好みそうな中世的な服装のことです。
現代ではお兄系、キレイめ系という若者発祥の◯◯系スタイルの中の一群とされており
格好自体は様々な文化からの影響が見られますが、日本特有のスタイルとして認識されています。

サロン系のポイントとしては他の男性系ファッションとは方向性が真逆で女性的な美も取り入れること。
コーデアイテムもメンズカジュアルよりはドレスコーデに近いものが
扱われています、ブランド物を使用するという所も良く似ているといえますね。

しかしドレスコーデと決定的に違うのは重ね着を上手く使う部分。
色違いのカットソー、ジレ(薄いベスト)が映えるように重ね着することで細身でありながらも
華やかさを出すことが出来るのです。
加えてカーディガン、ストールといった女性的なイメージのあるアイテムを
身に付けることも他のスタイルには見られない点です。

加えて、サロン系特有のゆったり感も重要であるので膨らみのある生地や古着類も取り入れたりします。
こうした性質で構築されているのでブランド物と古着の兼ね合いから出来ているスタイルとも称されているスタイルです。

サロン系コーデで使用するアイテムって?

サロン系は他のコーディネートと違い、あまり象徴的なアイテムがないのが特徴ですが
しいて挙げるとすれば、カーディガン、カットソー、ジレなどの羽織るアウターがよく使われます。
これらは薄手で、丈が長かったりすることが多いのも特徴です。
アクセサリーでは、ブーツ、ハットなどが挙げられます。

日常コーデ寄りにするならばその中にニット系古着なども取り入れてもいいかもしれません。
ただウエスト周り、足首、首元はこのスタイルの方向性を決める大事な部分です。
着膨れる部分を作ったり野暮ったさが出ないように意識してください。

特にアクセサリー類は男性的なものでなくフェミニン要素があるものを選べばさらに
サロン系のスタイルの良さが際立ちます。

また全体のカラーリングは品格を表すためにもシックなもの、もしくは知的さが感じられるものが良いでしょう。
黒や白のモノトーンに拘る必要はありませんが、ある程度の落ち着きを感じるまとまりは必要です。

実際にサロン系コーデをする場合は同年代のメンズファッションのような活発さ、男らしさなどではなく
物腰の柔らかさ、上品さを出せるようなコーデにするのがポイントですので注意してください。

解説したように美容師から生まれたスタイルでもあるのでヘアスタイルにもしっかり気を使ってくださいね。
サロン系スタイルをコーデすればそのシャープな美しさで周囲から注目されること間違いなしです。

ワークコーデってどんなコーディネート?

男性に好まれることが多く、一部の女性でもコアな人気のあるワークコーデ。
しかし、実際のコーデはどんなものなのか分からない人も多いかもしれません。
その理由と、コーデの特徴をご紹介します。

ワークコーデが知られていない理由は
ワークコーデは意味が広義なため、自身がワークコーデをしていても
それがワークコーデだと気づいていないのが理由です。
もしかするとあなたも、ワークコーデをしている可能性があるのです。

そして、ワークコーデの特徴は
その名前の通り、働いていそうな雰囲気を感じさせるものです。
そういった意味では、脱力感の強いヴィンテージコーデなどは
実はワークコーデでもあるのです。
それでもなかなか想像できないという方は
格好自体はアメリカの農夫や肉体労働者をイメージすれば良いでしょう。
このような人達がこのむような、どちらかというとゆとりがありなおかつ、タフな作りであるアイテムが
扱われます。

普段しない人にとっては少しハードルが高いかもしれませんが
服装自体はそこまで高級なものを使用しないので
一度、気軽にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ワークコーデで使用するアイテムって?

ワークコーデで使用されるアイテムで最も特徴的なものはカーゴパンツです。
こういった、カーキ系の色をして、ゆったりしたフォルムをしたアイテムが一番ワークコーデの特徴を持っています。
他には、オーバーオール、ジーンズがそれに当てはまりやすいです。

特にデニムジーンズは労働者のアイテムから現在のような一般層の衣類になった経緯があるので
ワークコーデを体現しているアイテムと言っても過言ではないです。
デニム生地によるタフな作りで動きやすいことから同スタイルに愛用されることが
非常に多いです。

またトップスにおいてはカスレ、汚れ、皺がある古着やそれらがデザインとして成り立っているものを用いたりするなど
多少のヴィンテージ要素も求められます。この要素は男性的でありながら品格を求める
ドレススタイルとは真逆とも言えるかもしれません。

こうしたアイテム選びをすれば本来の意味でのワークコーデは出来上がります。
しかしそのままのスタイルだと野暮ったさや男臭さが現代のカジュアルシーンに合わない事も多いです。
そのため現代風に合うように工夫することが同スタイルにとって大切なことと言えます。

ワークコーデを現代のカジュアルシーンに合いやすくするための工夫としては、
あえて知的なイメージや品格をもたらす効果のあるチノパンを選んだり
同じくタフでなおかつお洒落な物も存在する、アウトドアアイテムを選んでみたりすること。
他スタイルとの方向性を混ぜたコーデが近年でのトレンドです。

また、ブランド物にして皺やプリントのカスレなどの味を際立たせたり
高級感を持たせたりするのもオススメです。
この方法ならば本来のワークコーデに近い形を維持しつつ、お洒落にすることができます。
ワークコーデのワークの意味合いがブルーカラーを指すものから現在では
ホワイトカラーを含んで指すことに変化しているように、同スタイルの定義もまた時代によって
変化してきているといえます。